2010年4月28日水曜日

Account Suspended ?

OpenTKのサイトに行ったら、
なぜか
"Account Suspended"
となって全く見れない。
Googleの検索結果まで
"Account Suspended"と表示されてるし・・・。
いったい何が?

とりあえずダウンロードだけはできるみたい。
http://en.sourceforge.jp/projects/sfnet_opentk/

追記:
どうやら1~2日程度で復帰した模様。

2010年4月25日日曜日

GLSharp更新しました

GLSharpを更新しました。
→ ver. 5.4.2

最近、新しいノートPCを買ったのだが、
それでGLSharpのデモを実行したらエラーに。
で、原因を調べてみると、
OpenGLのバージョンを取得するところで、
あからさまに書きかけっぽいコードが・・・
ビデオドライバの挙動によってエラーになったりならなかったりする様子。
さっそく修正しました。

前のバージョンでデモが動かなかった方、
たぶんこの修正で動くようになると思います。
失礼しました。

hyperrefを使うとページサイズがおかしくなる

TeXのはなし。

\documentclass[a4paper,12pt]{jsarticle}
と、A4で指定したはずのページサイズがなぜかおかしくなってしまう。
12ptを10ptに戻すとページサイズが正常になるとか、妙な挙動をする。
いろいろいじってみた結果、
\usepackage[ ... ]{hyperref} をコメントアウトするとページサイズが正常になり、
hyperrefがなにか余計なことをやっているらしいことが判明。

・・・前はこんなこと起こらなかったような気がするんだけど
最近、なにかhyperrefに変更があったんだろうか。

で、hyperrefを使わないわけにもいかないので
なにか対処法がないものかとググってみたところ
hyperrefのオプションに "setpagesize" というのがあって、
いつのまにかデフォルトの値がtrueに変更されたらしい。
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?hyperref#notetext_1
(Ctrl+Fでsetpagesizeを検索しないとなかなか見つからないかも...)
つまり、オプションに "setpagesize=false" を追加すればいいようだ。

しかしなぜ、ハイパーリンクを扱うパッケージで
ページサイズなんぞをいじってるのだろうか・・・?

結論 :
hyperrefを使うとページサイズがおかしくなる場合、
hyperref のオプションに "setpagesize=false" を追加する。
\usepackage[setpagesize=false,...]{hyperref}

_______________________
2010.05.24 追記 :
すいません。訂正しました。
誤) "setpapersize"
正) "setpagesize"