2009年12月10日木曜日

6月と10月?

うちのホームページのほうの
GLSharpのページのアクセスログ。



 まぁ、だいたい月に500~600ぐらいのアクセスがある様子。

が、
よくよく見ると、明らかに周期性がある。
なぜか毎年6月と10月にピークが。

・・・雨の日と秋の夜長はプログラミング?

GLSharp更新しました。

久々にGLSharpを更新しました。
OpenTK 1.0 Beta 2 が公開されたので、
それに対応してみました。
このバージョンから、
OpenTK.dllには修正を加えずに
本家サイトで公開されているものをそのまま使用してます。
でも、GLUのラッパーの部分だけは
「OpenTK.Compatibility.dll」のソースコードから
該当部分をひっこぬいてきて若干の修正を加えて、
「OpenTK.GLU.dll」として作ってみました。
(理由は後述。)

OpenTK 1.0 の Beta がとれて
正式バージョンになったら、また更新する予定。

OpenTK はバージョン1.0になって
ずいぶんと変わったようだ。
OpenGL ESにも本格的に対応しているようだし、
OpenCLとかいうのにも対応したようだ。
(まぁ、ESとかOpenCLはとくに使わないけど・・・。)

肝心のOpenGLについては、
バージョン3.2までしっかり対応している様子。
だけと、
GLUが「OpenTK.dll」から分離されて
「OpenTK.Compatibility.dll」に移動され(OpenTK.Graphics.Glu)、
さらにObsolete属性がつけられていて、
Gluクラスを参照するたびにコンパイラの警告が
"Use OpenTK math function instead."
(かわりにOpenTKの数学関数(たぶんOpenTK.Math.Functionクラスのこと)をつかってけろ)
というメッセージとともに出る。
でも、
OpenTK.Math.Functionクラス(これもObsolete属性付き)や
OpenTK.dllのほうのOpenTK.Functionクラスには
Gluの関数の代わりになるような機能は全くない・・・。