2010年11月23日火曜日

トラックボール M570 を使ってみた

実はトラックボール派で、
普段はLogicoolのTM-250を使ってるのだが、
ふとAmazonを眺めていたら
Logicoolから親指でボールを転がすタイプの
トラックボールの新機種がいつの間にやら発売されていたようで、
なかなかよさげなので早速買ってみた。
↓ これ。


トラックボールにしてはやたらと売れているようで、在庫切れらしい。
Amazonで注文したら2~3週間してやっと発送されてきた。

で、使ってみた感想。

ワイヤレスなのだがレシーバーもかなり小さく、
USB端子の金具にちょいと出っ張りが付いているぐらいのサイズで小さい。
受信感度は良い。

ボールの感触もそこそこ良い。
最初は多少滑りが悪い感じもするが、
少し使っていればすぐになめらかに動くようになる。
まぁ、これはTM-250でもそうだったし、
最初だけなので問題はない。

微妙なのがホイール。
回転がキシキシいっていまいちだ、というのがもっぱらの評判だが、
確かにそうかもしれない。
が、まぁ、これもしばらく使っていればそれほど気にならなくなる。

第4,5ボタンの位置もなかなか使いやすい。
といか、このボタンが追加されたのがTM-250との最大の違いだと思う。
結構便利です、これ。

全体としてのできはなかなか良いのではないかと。
たしかにこれならやたら売れてるのも納得できるかもしれない。
まだ使い始めて間もないのでよくわからんが、バッテリーの持ちも
良いようなので、その辺の不便さもなさそうだし。

ただ、一つ、個人的にはホイールがカタカタうるさいのが気にくわないので、
ちょっとばらして、その辺がどうにかならないか試してみた。

ネジが6角の星形(たぶん直径1.5mm)の特殊な形状だったり、
電池ボックスの中に隠しネジがあったりで少々開けるのがめんどくさい。

ケースを開けてみればわかるが、ホイールをカチカチいわせているのはバネ。
だが、これをどうにかするためにはホイールを
外さなければならないのだが、これまた少々外しにくい。
ピンセットか細いマイナスドライバーとかが無いと外せないかも。
フレームを外側に引っ張って少しゆがませて
ホイールをケースの内側方向に押し出すようにして割と強引に
外す必要がある。

ホールを外してちょいとバネをホイールの内側方向に曲げてやると
ホイールへのあたり方が加減できる。
(ただし、曲げすぎるとホイールに当たらなくなってしまうので注意。)
バラしたついでにグリスなんかをホイールの軸につけておくと、よいかも。

これで気にくわなかったホイールも何とかなったので、
とりあえず満足です。