2010年5月30日日曜日

本 : Effective C#

    

本屋でうろうろしていたら見つけた。
ちょっと中を見てみたら結構よさげだったので、
ただいま、ちまちまと読んでいる最中。

C#での実用的なコーディングのテクニックを
いろいろと、こまごまと解説している本です。

「Effective C#」はC#のバージョン1.1に対応する内容で
C#2.0の内容は含まれていないが、
2.0以降でも十分に通用する基礎的な内容が多いので
読んでおいて損はない。
というか、
C#プログラマならぜひとも読んでおくべきかと。

「More Effective C#」はその続編で、
前作よりもやや高度な内容と、
C#2.0~3.0で追加された新機能について。
特に、ジェネリックとか設計実装のあたりは
なかなか良いと思う。
マルチスレッドについても書いてあるけど、
内容は悪くないがやや物足りないという感じ。

1 件のコメント:

さんのコメント...

どういう偶然か最近私もそれらの本を読みました。私はにわかの学生なので何とも言えませんが、内容に感銘を受けている最中です。
個人的には.NET 4.0 から追加された ParallelEnumerable あたりで遊んでいます。問題なく並列処理はされるみたいですが、うーん、どうでしょう。クエリ構文をたくさん使うようだと面白いかもしれませんねぇ。