2010年12月23日木曜日

ディスプレイ acer GD245HQ

このあいだも書いたが、
NVIDIAの3D Vision 対応のディスプレイがほしかったので、
acer GD245HQ を購入。

で、その感想。

正直なところ、微妙。

テキスト表示がやや見苦しい。
画面を直接デジカメで撮ってみた。
(そのままだとどうも見にくいので、わざとぼかしてある。)

左がacer GD245HQ、右が同じくacerのH233H。
GD245HQは変なシャープネスがかかったような表示になっていて、
場合によってはかえってゴーストみたいな変な効果が出てしまっている。
これがテキスト表示が見苦しい原因。

もう一点。

3D Visionを使ったステレオ表示で、
コントラストが高い部分でクロストークが目立つ。
仕様では、応答速度が2ms(GTG)らしいので大丈夫だと思っていたのだが・・・。
ここでちょっと算数。
120Hzだと、1フレームあたりの表示時間は
1000[ms] / 120[Hz] = 8.333[ms]
これに対して画面の書き換えに2ms(ぐらい)かかるので、
2[ms] / 8.333[ms] = 0.24
1フレーム分の時間のうち、24%(たぶんそれ以上)が
画面の書き換えに使われていることになる。
さらに、「2ms」というのはGTG なので、
表示される色・輝度などによっては2msよりも遅れる。
つまり、1フレーム中、1/4ぐらいの時間はディスプレイの書き換え待ちになる。

・・・と考えると、
多少クロストークが見えそうだというのも想像がつくし、
むしろ、応答時間が2msというのが、
まだまだ遅すぎるようにも思えてくるわけで。
まぁ、最近の液晶技術はこんなもんだ、といえばそれまでなのかもしれないが。

(2011.01.02 追記)
どうも、クロストークが見える原因はディスプレイではなく、
メガネの遮光が完全ではないことが原因のような気がしてきた。
つまり、
メガネのシャッターが閉じていているのに、
そのシャッターがすこーし透けている、と。

画面に表示された絵の明るい部分だけで
クロストークが目立っているように見えるし、
物理的に板(シャッター)が開閉しているのではなくて
所詮は液晶シャッターなので完全に不透明ってわけでもなさそうだし。

0 件のコメント: