2012年10月30日火曜日

3D Vision のメガネを改造してみた

最近、PSO2を3D Vision(残念ながら「2」ではない)で遊んでいることが多いのだが、
あのメガネ、なんか、
やたらと耳に掛ける部分の幅が狭くて、
こめかみのあたりが痛い。
もう、1時間ぐらいが限界。

いい加減、かけ心地の悪さが我慢ならなくなってきたので、
どうにかしてやろうと。

・・・で、
こうなりました。



1.ツルの緑のラバーのあたりから、ペンチでバッサリと切り落とす。

2.半田ごてで、直径3mmぐらいの穴を、ぷすっと開ける。

3.切り口と、穴の縁を、やすりとかで丸める。

4.その辺にあった要らないネックストラップのひもを調達。
ひもは2つに切り分ける。

5.開けた穴にひもを通して結びつける。

6.メガネを掛けてみて、ひもを頭の後ろで、メガネがずり落ちないような感じに結ぶ。

以上。

かなーり、適当な工作ですが、
頭の脇で締め付けられていたのが無くなって、かなり快適に。


ただし、注意点。

・液晶シャッター部分はガラス製。
無理な力がかかったり、傷が付かないように注意すること。
この部分を、メガネふきとか包んだ状態で作業するべし。

・半田ごてで穴を開けるときは、手早く。
プラスチックが焦げると、非常にクサイので。
あと煙を吸わないように。

・ツルの根元のほうの内側、膨らんでいるところは、
おそらく回路やバッテリーが入っているので、
そのあたりには手を加えてはいけない。

・当然ながら、改造は自己責任で。



しかし、こうネタを全く見かけないのだが、
3D Visionのメガネのツルがきついのは、私だけ?

0 件のコメント: