2008年7月19日土曜日

これは読んどけ : Code Complete

たまには話題を変えて、
本のことでも。

Code Complete 第2版 上 (日経BPソフトプレス)


ソフトウェアコンストラクションについて書かれている。
プログラミングをそれなりやろうと思うのであれば、
これは一度は読んでおくべき良書だと思う。

この「ソフトウェアコンストラクション」という
聞き慣れない言葉が意味するところは、
いわゆる「プログラミング」とか「コーディング」ということらしい。
つまりはコーディングのテクニックや
ノウハウ的なことについて書かれている本である。
もうちょっと具体的にいうと、
クラスを作成するときはこういう事を考えて作れだとか、
変数名はこういう付け方をするべきだとか、
そいう事。
このコンストラクションについて
ここまで詳しく丁寧に述べられている本は
そうは無いだろう。

ちょっとでかくて価格が高めの本ではあるが、
文章はとても読みやすくて理解しやすいし、
内容も充実していて読み応えがある。

とにかく、ひと言、
これは読んでおけ
と言いたい本だ。

0 件のコメント: